main 2017-08-31T15:32:24+00:00

室内活動が増える冬季節の悩み ー うんざりした体臭!

By | 11월 21st, 2017|Categories: いんきんたむし|Tags: , , , , |

体臭は新陳代謝の過程で老廃物が生成されるため、人にはそれぞれの固有なニオイがあります。 日常生活に影響を与えるニオイとはどんなものがあるでしょうか。   1. 足のニオイ。- 酢や味噌を塗ってはいけない。   足は幹線が多く、いつも密閉された靴を履いてるので菌が繫殖されるとても適合なところです。 特に、冬季節には厚い靴下を履いての皮靴のように通風の良くできない靴を履くのでさらにニオイがひどくなります。 足のニオイは清潔は基本となります。 ー 足を洗い、完全乾燥させる。 ー 靴下は綿素材で履く。 [...]

足水虫と股間の関係

By | 9월 20th, 2017|Categories: いんきんたむし|Tags: , , , , |

水虫は一度発生したら直りにくい疾患だ。 しかも治療後にも再発しやすい、すごくめんどい疾患である。 水虫は症状が悪化すれば足だけではなく、体中に伝播して問題になりかねない。 水虫は普通には足だけで発生すると思われるが、手と爪、そして股間まで移ることができる。 水虫、もう放置すればいけない疾患だ。   水虫菌である皮膚しんきんるいはカビの種類だ。 暑くて湿気のある天気によく繁殖し、特に夏によく発生する。この皮膚しんきんるいが皮膚の角質層に浸透すれば水虫になる。   水虫は伝染しやすい疾患で、かかっている患者から取られた角質細胞を通して移る。 [...]

いんきんたむしの管理法、もう隠さないでください!

By | 9월 13th, 2017|Categories: いんきんたむし|Tags: , , , , |

  股間の湿疹(いんきんたむし)は股間部位に赤い斑点、ひどい痒みと角質、そして皮膚着色などを伴う皮膚疾患です。症状が悪化するほどただれと悪臭まで発生され、激しい苦痛とともに日常生活にまで支障を与えられる恐れがあります。そして敏感な部位のため、恥ずかしくて病院にも行けず家族にも隠す場合が多いです。 しかし、いんきんたむしは性病でもはずかしいことでもないです。体の免疫力が低下されればカビ菌によって肝炎される疾患でたゆまぬ治療と生活習慣の校正で十分に緩和できます。 上に述べたような理由で股間の湿疹をずっと放置すれば痒みと着色がだんだんひどくなります。そして症状部位が広まって苦痛もひどくなるだけではなく治療が複雑で長引いてしまう恐れがあるため、必ず初期に管理しなければならない皮膚疾患です。   女性のいんきんたむし。 最近は女性たちのいんきんたむしの発生率が高まっています。 その理由はスキニージーンズやストッキングのようにタイトな服装の影響です。 いんきんたむしは身体の仕組み上、男性によく発生する疾患だが最近は女性にもいんきんたむしで苦しんでいる方が増えています。女性たちも男性と同じく部位の特性上によって病院に通いにくく、自らが病気を判断して薬局で薬を通して自家治療を行う羽目になります。 しかし、薬局で買える湿疹薬やステロイド剤は一時的に緩和できるかもしれないけど時間がたつと黒く着色されるとか症状がひどくなる恐れがあって根本的には治療がなっていません。 [...]

いんきんたむしとは?

By | 9월 6th, 2017|Categories: いんきんたむし|Tags: , , , , , |

いんきんたむしは股間の皮膚が水虫菌に感染し、発症する皮膚疾患です。 粘液,りんせつ (鱗屑)ができ、酷い痒みを伴うこともあります。太ももの両側に対称で発症し、陰囊や肛門部位まで広がったりします。   いんきんたむしの原因 いんきんたむしは水虫によるもので、他人から感染するケースもありますが、主に自分の足,手,足の指に寄生する水虫菌から移る事が多いです。股間に移った頑癬菌は股間部の温度と湿度が高くなり、身体の免疫力が低下したときに、感染を引き起こします。   いんきんたむしの症状 いんきんたむしにかかると円形の発疹ができますが、中心部から外側にいくにつれて赤くなります。いんきんたむしの症状は湿疹と区別がつかないため、病院で正確な診断を受けたほうがいいです。 いんきんたむしの治療 [...]

いんきんたむしの 予防および管理について

By | 9월 6th, 2017|Categories: いんきんたむし|Tags: , , , |

股間が湿っぽくて熱くないように通風に気を遣うこと(トランクス、広いズボンを着用) 石鹸の使用を避けて除湿、抗真菌機能がある股間専用クレンザーを使用 サウナやプールなど多くの人が利用する場所を出入りした後には特に清潔に気を遣うこと 衣服、寝具類の定期的な殺菌洗浄 皮膚免疫力が低下しないように飲みすぎ、喫煙、過労などを控えること  健康な皮膚は自ら守りましょう いんきんたむしに感染したと言ってすべての人が同じ症状だとは言えません。 健康な皮膚は強い免疫力で外部感染菌の侵入を遮断します。

水虫菌による皮膚疾患(いんきんたむし)

By | 9월 6th, 2017|Categories: いんきんたむし|Tags: , , , |

カビ菌の一種である水虫菌は身体部位の中で、湿っぽくて閉鎖したところに感染を引き起こします。もっとも再発になりやすいところは足と股間です。 湿度と温度が高く閉鎖されてるところにもよく発病しますが、頭、体の腕、足、顔などすべてのところに発病します。 部位別に原因となる水虫菌の種類が異なり症状も様々です。症状が酷いところは足と股間部で足の指と手の指は痛みがほとんどありません。 水虫菌の多くは皮膚の角質だけに問題を引き起こし、角質の下には進入しません。しかし、肌の大事な防御癖である角質がひどく損傷し、そのまま放置するとほかの感染菌による2次感染がでます。 多くの感染菌は角質層によって遮断されますが、水虫菌は角質層の酸度によって除去されず、むしろ角質層を溶かします。 しかし、皮膚の中に入るほど、酸度が低くなって、免疫物質が分泌されるため、水虫菌が生きる事ができません。 症状は湿疹と似ているため、湿疹だと誤認しやすく、湿疹軟膏をぬると、かえって悪化してしまいます。 湿疹軟膏は症状を和らげるだけで、水虫菌をなくすことはできません。 むしろ、水虫菌に対抗する炎症反応を抑制することで、水虫菌の活動を放置する結果になります  


Heisclean is the representative men cleanser brand in Korea

You can purchase Heisclean safely and conveniently at qoo10 and amazon

You can purchase Heisclean safely and conveniently at qoo10

Qoo10 Japan

 

Amazon Japan