Heisclean

/Heisclean

About Heisclean

This author has not yet filled in any details.
So far Heisclean has created 44 blog entries.

室内活動が増える冬季節の悩み ー うんざりした体臭!

2017-11-21T11:57:13+00:00

体臭は新陳代謝の過程で老廃物が生成されるため、人にはそれぞれの固有なニオイがあります。 日常生活に影響を与えるニオイとはどんなものがあるでしょうか。   1. 足のニオイ。- 酢や味噌を塗ってはいけない。   足は幹線が多く、いつも密閉された靴を履いてるので菌が繫殖されるとても適合なところです。 特に、冬季節には厚い靴下を履いての皮靴のように通風の良くできない靴を履くのでさらにニオイがひどくなります。 足のニオイは清潔は基本となります。 ー 足を洗い、完全乾燥させる。 ー 靴下は綿素材で履く。 ー 靴をしきりに代える。 ー 靴は通風の良くできるところに保管する。 ときおり、足のニオイを消すために酢を利用して足をふいたり。味噌を塗るなどの民間療法は二次感染を誘発できるため避けるべきです。   2. わきのニオイ。-  成長ホルモンが旺盛すればわきでニオイが分泌。   いわゆる”わきが”と呼ばれる腋臭症(えきしょう)はアポクリン線から出る物質を細菌が分解し、脂肪酸とアンモニアを作り出せて生まれるニオイです。 アポクリン線は95%がわき部位に位置して、残りが乳頭の周囲、へその周囲、肛門の周囲などに分布しています。 わきを良く洗い、通風のいい服を着用していつも湿っぽくないよう維持することが大事です。   3. 股間のニオイ。- カビ菌が広がる恐れがある。   皮膚がよく重ねる股間部位は冬の季節、厚い服を着用する場合に湿気と汗のせいで湿疹がよく発生する。 体表的な症状は股間部位や生殖器部位の痒みと赤く蕁麻疹ができること。 [...]

室内活動が増える冬季節の悩み ー うんざりした体臭! 2017-11-21T11:57:13+00:00

足水虫と股間の関係

2017-09-20T10:22:48+00:00

水虫は一度発生したら直りにくい疾患だ。 しかも治療後にも再発しやすい、すごくめんどい疾患である。 水虫は症状が悪化すれば足だけではなく、体中に伝播して問題になりかねない。 水虫は普通には足だけで発生すると思われるが、手と爪、そして股間まで移ることができる。 水虫、もう放置すればいけない疾患だ。   水虫菌である皮膚しんきんるいはカビの種類だ。 暑くて湿気のある天気によく繁殖し、特に夏によく発生する。この皮膚しんきんるいが皮膚の角質層に浸透すれば水虫になる。   水虫は伝染しやすい疾患で、かかっている患者から取られた角質細胞を通して移る。 サウナや銭湯、そしてプールでは特に湿気が多くて水虫菌の活動が活発になる。 また、素足でいる場所なので足の接触による感染がよく発生する。 水虫が足によく発生する理由はそのようである。   足の水虫が股間まで広がり、苦労することは意外と結構あります。 下着を着替えながら足に発生していた水虫菌が下着について感染します。 このようなことがひどくなった場合にはいんのう、でんぶ、大腿部まで広がるので初期の手当てが大切だ。   水虫が発生したときの正しい生活習慣。 ‐ シャワー後には足指の間の水気まですべて除去する。 ‐ 室内では通気性の良い上履きに履くようにする。 ‐ 一週間に一度、こうしんきんさようの効果があるスプレーをかける。 ‐ 靴やスニーカーは内側を完全乾燥した後に着用する。 ‐ 夏場には通風が良くできる靴を履くようにする。 ‐ 靴下はこうしんきんさようのある洗浄剤で洗い流す。

足水虫と股間の関係 2017-09-20T10:22:48+00:00

いんきんたむしの管理法、もう隠さないでください!

2017-09-14T11:41:04+00:00

  股間の湿疹(いんきんたむし)は股間部位に赤い斑点、ひどい痒みと角質、そして皮膚着色などを伴う皮膚疾患です。症状が悪化するほどただれと悪臭まで発生され、激しい苦痛とともに日常生活にまで支障を与えられる恐れがあります。そして敏感な部位のため、恥ずかしくて病院にも行けず家族にも隠す場合が多いです。 しかし、いんきんたむしは性病でもはずかしいことでもないです。体の免疫力が低下されればカビ菌によって肝炎される疾患でたゆまぬ治療と生活習慣の校正で十分に緩和できます。 上に述べたような理由で股間の湿疹をずっと放置すれば痒みと着色がだんだんひどくなります。そして症状部位が広まって苦痛もひどくなるだけではなく治療が複雑で長引いてしまう恐れがあるため、必ず初期に管理しなければならない皮膚疾患です。   女性のいんきんたむし。 最近は女性たちのいんきんたむしの発生率が高まっています。 その理由はスキニージーンズやストッキングのようにタイトな服装の影響です。 いんきんたむしは身体の仕組み上、男性によく発生する疾患だが最近は女性にもいんきんたむしで苦しんでいる方が増えています。女性たちも男性と同じく部位の特性上によって病院に通いにくく、自らが病気を判断して薬局で薬を通して自家治療を行う羽目になります。 しかし、薬局で買える湿疹薬やステロイド剤は一時的に緩和できるかもしれないけど時間がたつと黒く着色されるとか症状がひどくなる恐れがあって根本的には治療がなっていません。 いんきんたむしは発生すれば、できる限り早く病院に行ったほうがいいです。誰にでもできられるいんきんたむしを恥ずかしくて放置するよりは早い治療で悪化することを止めなければいけません。また、いんしんたむしは再発しやすい疾患のため日常生活での管理が大切です。   いんきんたむしの管理法。 - いんきんたむしが発生された部位はよく洗い、水気を完全に乾かしてください。 - 体をきつくしめつくような服装は避け、涼しくてドライな環境を維持してください。 - 足の水虫が股間にうつる可能性があるからといって管理するためパウダーは使わないでください。 - 肥満の場合、体重を減らして皮膚が接触しないようにする。 - いんきんたむしの部位に石鹸やボディクレンザーは使わないでください。  

いんきんたむしの管理法、もう隠さないでください! 2017-09-14T11:41:04+00:00

いんきんたむしとは?

2017-09-07T13:35:50+00:00

いんきんたむしは股間の皮膚が水虫菌に感染し、発症する皮膚疾患です。 粘液,りんせつ (鱗屑)ができ、酷い痒みを伴うこともあります。太ももの両側に対称で発症し、陰囊や肛門部位まで広がったりします。   いんきんたむしの原因 いんきんたむしは水虫によるもので、他人から感染するケースもありますが、主に自分の足,手,足の指に寄生する水虫菌から移る事が多いです。股間に移った頑癬菌は股間部の温度と湿度が高くなり、身体の免疫力が低下したときに、感染を引き起こします。   いんきんたむしの症状 いんきんたむしにかかると円形の発疹ができますが、中心部から外側にいくにつれて赤くなります。いんきんたむしの症状は湿疹と区別がつかないため、病院で正確な診断を受けたほうがいいです。 いんきんたむしの治療 感染部位に抗真菌軟膏を1~2週間塗ると症状がなくなります。しかし、再発を防ぐためには2週間以上塗りつづけたほうがいいです。 抗真菌成分に反応し、角質に隠れている頑癬菌を除去します。もし、頑癬菌を完全に除去する事ができなかったとしても、塗り続けると、古い角質が落ちるときに頑癬菌が一緒に落ちてきます。   いんきんたむしが頻繁に再発する理由 治療過程で生き残った頑癬菌が、角質に潜伏していると、活動しやすい環境になった時に再発を引き起こします。また足の水虫菌が股間に移って再感染を起こしたりします。 頑癬の再発、再感染を防ぐためには、抗真菌軟膏の使用法に着実に従って、足の水虫を治療するべきです。  

いんきんたむしとは? 2017-09-07T13:35:50+00:00

いんきんたむしの 予防および管理について

2017-09-06T16:06:44+00:00

股間が湿っぽくて熱くないように通風に気を遣うこと(トランクス、広いズボンを着用) 石鹸の使用を避けて除湿、抗真菌機能がある股間専用クレンザーを使用 サウナやプールなど多くの人が利用する場所を出入りした後には特に清潔に気を遣うこと 衣服、寝具類の定期的な殺菌洗浄 皮膚免疫力が低下しないように飲みすぎ、喫煙、過労などを控えること  健康な皮膚は自ら守りましょう いんきんたむしに感染したと言ってすべての人が同じ症状だとは言えません。 健康な皮膚は強い免疫力で外部感染菌の侵入を遮断します。

いんきんたむしの 予防および管理について 2017-09-06T16:06:44+00:00

水虫菌による皮膚疾患(いんきんたむし)

2017-09-06T16:05:42+00:00

カビ菌の一種である水虫菌は身体部位の中で、湿っぽくて閉鎖したところに感染を引き起こします。もっとも再発になりやすいところは足と股間です。 湿度と温度が高く閉鎖されてるところにもよく発病しますが、頭、体の腕、足、顔などすべてのところに発病します。 部位別に原因となる水虫菌の種類が異なり症状も様々です。症状が酷いところは足と股間部で足の指と手の指は痛みがほとんどありません。 水虫菌の多くは皮膚の角質だけに問題を引き起こし、角質の下には進入しません。しかし、肌の大事な防御癖である角質がひどく損傷し、そのまま放置するとほかの感染菌による2次感染がでます。 多くの感染菌は角質層によって遮断されますが、水虫菌は角質層の酸度によって除去されず、むしろ角質層を溶かします。 しかし、皮膚の中に入るほど、酸度が低くなって、免疫物質が分泌されるため、水虫菌が生きる事ができません。 症状は湿疹と似ているため、湿疹だと誤認しやすく、湿疹軟膏をぬると、かえって悪化してしまいます。 湿疹軟膏は症状を和らげるだけで、水虫菌をなくすことはできません。 むしろ、水虫菌に対抗する炎症反応を抑制することで、水虫菌の活動を放置する結果になります  

水虫菌による皮膚疾患(いんきんたむし) 2017-09-06T16:05:42+00:00

いんきんたむしにステロイド剤の使用

2017-09-06T16:04:48+00:00

ステロイド剤の副作用が心配になるという理由で、ステロイドの使用を避けてはいけません。炎症は損傷した肌を回復するための自然なる反応ですが、致命的な結果を導きます。 専門家の判断によって実行されるステロイドの処方は、炎症の副作用を避けられます。 ステロイドを長期的な治療ではなく一時的な消炎効果を目的に過度に使用すると、免疫系の異常をもたらし、診断と治療を難しくします。 一般的に真菌による皮膚感染は、抗真菌軟膏を使用することで2週以内の短い時間で治療が可能です。抗真菌軟膏は真菌を殺す成分が主要成分で,消炎のためにステロイドを含有したりもします。 しかし、抗真菌軟膏ではなく湿疹軟膏は抗真菌成分を含まないため、炎症だけおさえるだけで原因菌を除去できません。根本的な治療無しにステロイド軟膏を使用する場合、副作用や大きな危険があります。

いんきんたむしにステロイド剤の使用 2017-09-06T16:04:48+00:00

いんきんたむし(頑癬)になりやすい環境

2017-09-06T16:09:57+00:00

欧米ではいんきんたむしをjock itch、足の水虫をathlet’s footという別称で呼ぶ、 このような別称が生まれた頃(1900年代初半)、こういった皮膚疾患が運動選手らにたくさん発生していたが、現在では事務職や運転職等様々な職業群に広がっている。 運動選手に限った皮膚疾患ではないが、なぜ運動選手らが水虫の主要対象になったかということを研究すると、水虫菌の感染原因と対策に対する回答を得るのに役に立つでしょう。 いんきんたむし(頑癬)は高い温度と湿度、5~6ph濃度等が継続的に維持するときに発生し、さらに皮膚の損傷と免疫力低下も主な要因として作用する。 運動選手らが汗と熱を出しながら訓練する時間は、水虫菌の活動に必要な要件を満たしている。激しい動きによる皮膚表面の損傷は、頑癬菌の侵入をしやすくし、過度な訓練によって起きる免疫力の低下や、団体生活による感染経路の拡大も感染比率を高くする。 同じ原因によって、顔に生じる水虫がレスリングや柔道等の選手らに主に発見される。顔に頻繁に発生する皮膚接触が原因である。 運動選手じゃなくても、このような条件を満たす環境だと誰もがいんきんたむし(頑癬)になる可能性がある。しかし、いんきんたむし(頑癬)は一つの要因ではなく、様々な要因が複合的に作用するときに頑癬になるため、その条件を知り、備えることでいんきんたむし(頑癬)を予防し、治療できる。  

いんきんたむし(頑癬)になりやすい環境 2017-09-06T16:09:57+00:00

いんきんたむし(頑癬)に石鹸を使うのは?

2017-09-06T16:03:13+00:00

いんきんたむし(頑癬)の症状が軽いときは、別の治療をしなくても自然に治癒されることもある。抗真菌軟膏や、経口用抗真菌剤の処方無しで症状がなくなるのは肌がもってる防御壁と免疫機能の作用のためです。 皮膚防御壁は肌の一番外から物理的、科学的、生物学的機能によって肌を守ります。角質は死んだ細胞によって構成する厚い防御壁であり、頑癬菌の侵入を物理的に遮断することができます。(脚注1– 角質の場合、他の細菌より真菌に対して弱いほうです。) 皮脂腺と汗腺から分泌された科学物質も、皮膚外壁を囲んで感染菌を遮断する。皮膚表面に生息しながら人体に害を与えない微生物は、人体に有害な他の微生物を攻撃することで防御幕として一つの役割を果たしている。 脚注1)頑癬菌はケラティナ剤という酵素で角質を溶かし、栄養分にして損傷された部位を通して角質に浸透します。 肌の防御力によって身体が保護されているとき、石鹸は頻繁に使用しないほうがいい。石鹸は頑癬菌をなくしたりもするが、肌の保護壁と微生物を一緒に除去してしまうため、皮膚にいい影響と悪影響を同時に与える。通常石鹸によって除去された保護膜が回復し、また弱酸性を回復するのに2~3時間がかかるという。 この間、皮膚防御力無しに外部に露出する事はそんなに大きな危険ではないため、石鹸使用を必ずしも制限する必要はない。しかし、あまりに頻繁に使用する事は皮膚健康によくない。 いんきんたむし(頑癬)の症状が軽微な段階では、石鹸の使用を適切に制限することで皮膚保護膜の機能を維持することができる。 しかし、皮膚の保護力より頑癬菌の繁殖、成長速度が速くなると、保護膜の役割をする肌の外側が損傷する。既に皮膚保護膜が損傷した状態では、皮膚保護膜の保存のために石鹸使用を制限する事に意味がない。それよりは損傷した皮膚がほかの種類の真菌、バクテリアに感染されないように、石鹸と医薬品を利用し綺麗に消毒するほうがもっと必要なことであるだろう。

いんきんたむし(頑癬)に石鹸を使うのは? 2017-09-06T16:03:13+00:00

足の水虫が股間に移ることはあるのか。

2017-09-06T16:02:08+00:00

人間の体は部位別にお互い異なる皮膚特性をもっている。身体部位別に皮膚の温度や湿度、ph濃度、分泌物、角質の厚さなどが異なる。こうような差によって部位別に感染するカビ菌の種類も異なる。 カビ菌は種類によって好む温度、湿度、ph濃度が異なり、このような条件を満足する部位で生息する。お互い違う部位であるが、環境が似ている場合、他の部位に同じ種類のカビ菌が生息することもある。 頑癬の主要原因菌のT.rubumは人間の足や手、足の指にも生息することができるが、主に足を通して他人から移ってきて股間部など他の身体部位に感染する。 感染患者の中には足の水虫を伴っている場合が多く、足の水虫が先に感染する事がより大きな比率を占めている。 いんきんたむし(頑癬)より足の水虫が先に生じる理由は、股間部より足の感染経路がもっと多いからだ。 他人の靴や靴下、共用場所(シャワー室、水泳場)の床、共同に使用する寝具類、タオルなどがこういった感染経路に属する。いんきんたむし(頑癬)の再発を防ぐためには頑癬と一緒に他の部位、特に足の水虫も一緒に治療したほうが良い。

足の水虫が股間に移ることはあるのか。 2017-09-06T16:02:08+00:00