室内活動が増える冬季節の悩み ー うんざりした体臭!

//室内活動が増える冬季節の悩み ー うんざりした体臭!

体臭は新陳代謝の過程で老廃物が生成されるため、人にはそれぞれの固有なニオイがあります。

日常生活に影響を与えるニオイとはどんなものがあるでしょうか。

 

1. 足のニオイ。- 酢や味噌を塗ってはいけない。

 

足は幹線が多く、いつも密閉された靴を履いてるので菌が繫殖されるとても適合なところです。

特に、冬季節には厚い靴下を履いての皮靴のように通風の良くできない靴を履くのでさらにニオイがひどくなります。

足のニオイは清潔は基本となります。

ー 足を洗い、完全乾燥させる。

ー 靴下は綿素材で履く。

ー 靴をしきりに代える。

ー 靴は通風の良くできるところに保管する。

ときおり、足のニオイを消すために酢を利用して足をふいたり。味噌を塗るなどの民間療法は二次感染を誘発できるため避けるべきです。

 

2. わきのニオイ。- 

成長ホルモンが旺盛すればわきでニオイが分泌。

 

いわゆる”わきが”と呼ばれる腋臭症(えきしょう)はアポクリン線から出る物質を細菌が分解し、脂肪酸とアンモニアを作り出せて生まれるニオイです。

アポクリン線は95%がわき部位に位置して、残りが乳頭の周囲、へその周囲、肛門の周囲などに分布しています。

わきを良く洗い、通風のいい服を着用していつも湿っぽくないよう維持することが大事です。

 

3. 股間のニオイ。- カビ菌が広がる恐れがある。

 

皮膚がよく重ねる股間部位は冬の季節、厚い服を着用する場合に湿気と汗のせいで湿疹がよく発生する。

体表的な症状は股間部位や生殖器部位の痒みと赤く蕁麻疹ができること。

よく重ねられるために色素沈着もでき、ひどい場合は悪臭もします。

股間でニオイがする原因の一つは足の水虫を誘発する皮膚しんきんるいと呼ばれるカビ菌です。

一応病変が進行すれば簡単に直りにくく、股間のいんきんたむしが酷くなればおしりや股まで広がりかねません。

 

 


Heisclean is the representative men cleanser brand in Korea

You can purchase Heisclean safely and conveniently at qoo10 and amazon

You can purchase Heisclean safely and conveniently at qoo10

Qoo10 Japan

 

Amazon Japan

2017-11-21T11:57:13+00:00