いんきんたむしの予防

/Tag:いんきんたむしの予防

いんきんたむしの 予防および管理について

2017-09-06T16:06:44+00:00

股間が湿っぽくて熱くないように通風に気を遣うこと(トランクス、広いズボンを着用) 石鹸の使用を避けて除湿、抗真菌機能がある股間専用クレンザーを使用 サウナやプールなど多くの人が利用する場所を出入りした後には特に清潔に気を遣うこと 衣服、寝具類の定期的な殺菌洗浄 皮膚免疫力が低下しないように飲みすぎ、喫煙、過労などを控えること  健康な皮膚は自ら守りましょう いんきんたむしに感染したと言ってすべての人が同じ症状だとは言えません。 健康な皮膚は強い免疫力で外部感染菌の侵入を遮断します。

いんきんたむしの 予防および管理について 2017-09-06T16:06:44+00:00

いんきんたむし(頑癬)になりやすい環境

2017-09-06T16:09:57+00:00

欧米ではいんきんたむしをjock itch、足の水虫をathlet’s footという別称で呼ぶ、 このような別称が生まれた頃(1900年代初半)、こういった皮膚疾患が運動選手らにたくさん発生していたが、現在では事務職や運転職等様々な職業群に広がっている。 運動選手に限った皮膚疾患ではないが、なぜ運動選手らが水虫の主要対象になったかということを研究すると、水虫菌の感染原因と対策に対する回答を得るのに役に立つでしょう。 いんきんたむし(頑癬)は高い温度と湿度、5~6ph濃度等が継続的に維持するときに発生し、さらに皮膚の損傷と免疫力低下も主な要因として作用する。 運動選手らが汗と熱を出しながら訓練する時間は、水虫菌の活動に必要な要件を満たしている。激しい動きによる皮膚表面の損傷は、頑癬菌の侵入をしやすくし、過度な訓練によって起きる免疫力の低下や、団体生活による感染経路の拡大も感染比率を高くする。 同じ原因によって、顔に生じる水虫がレスリングや柔道等の選手らに主に発見される。顔に頻繁に発生する皮膚接触が原因である。 運動選手じゃなくても、このような条件を満たす環境だと誰もがいんきんたむし(頑癬)になる可能性がある。しかし、いんきんたむし(頑癬)は一つの要因ではなく、様々な要因が複合的に作用するときに頑癬になるため、その条件を知り、備えることでいんきんたむし(頑癬)を予防し、治療できる。  

いんきんたむし(頑癬)になりやすい環境 2017-09-06T16:09:57+00:00

いんきんたむし(頑癬)に石鹸を使うのは?

2017-09-06T16:03:13+00:00

いんきんたむし(頑癬)の症状が軽いときは、別の治療をしなくても自然に治癒されることもある。抗真菌軟膏や、経口用抗真菌剤の処方無しで症状がなくなるのは肌がもってる防御壁と免疫機能の作用のためです。 皮膚防御壁は肌の一番外から物理的、科学的、生物学的機能によって肌を守ります。角質は死んだ細胞によって構成する厚い防御壁であり、頑癬菌の侵入を物理的に遮断することができます。(脚注1– 角質の場合、他の細菌より真菌に対して弱いほうです。) 皮脂腺と汗腺から分泌された科学物質も、皮膚外壁を囲んで感染菌を遮断する。皮膚表面に生息しながら人体に害を与えない微生物は、人体に有害な他の微生物を攻撃することで防御幕として一つの役割を果たしている。 脚注1)頑癬菌はケラティナ剤という酵素で角質を溶かし、栄養分にして損傷された部位を通して角質に浸透します。 肌の防御力によって身体が保護されているとき、石鹸は頻繁に使用しないほうがいい。石鹸は頑癬菌をなくしたりもするが、肌の保護壁と微生物を一緒に除去してしまうため、皮膚にいい影響と悪影響を同時に与える。通常石鹸によって除去された保護膜が回復し、また弱酸性を回復するのに2~3時間がかかるという。 この間、皮膚防御力無しに外部に露出する事はそんなに大きな危険ではないため、石鹸使用を必ずしも制限する必要はない。しかし、あまりに頻繁に使用する事は皮膚健康によくない。 いんきんたむし(頑癬)の症状が軽微な段階では、石鹸の使用を適切に制限することで皮膚保護膜の機能を維持することができる。 しかし、皮膚の保護力より頑癬菌の繁殖、成長速度が速くなると、保護膜の役割をする肌の外側が損傷する。既に皮膚保護膜が損傷した状態では、皮膚保護膜の保存のために石鹸使用を制限する事に意味がない。それよりは損傷した皮膚がほかの種類の真菌、バクテリアに感染されないように、石鹸と医薬品を利用し綺麗に消毒するほうがもっと必要なことであるだろう。

いんきんたむし(頑癬)に石鹸を使うのは? 2017-09-06T16:03:13+00:00

持病がさっと良くなりました

2017-09-06T14:34:26+00:00

使用者B – ヒズクリーン公式ホームページのコメント欄から抜粋 私は48歳の男性です。 使用する前は夏になると股間が黒くなり苦痛な日々を送っていて、有名な皮膚科、医院の治療を受けるために通える所は全て通いました。まあ、効き目はないだろうなと思いながら・・・ヒズクリーンを3日使うとその効果が現れました。 最初使った時はひりひりして少し熱気を帯びた感じでしたが、3日後にはすっきりした感じがして、一週間後には股間が良くなって来て、一ヵ月後にはすっかりと治りました。価格が少々負担が掛かりますがもう私の生活に離すことができないヒズクリーンになり、周辺の知人たちにもヒズクリーンの効果を宣伝しています。 長らく病院通いをしていても効果がなかった方達や、治療の時だけ良くなってすぐに再発される方達・・・ヒズクリーンの消費者として、自信たっぷりにオススメします。  

持病がさっと良くなりました 2017-09-06T14:34:26+00:00

旦那に熟睡をプレゼントしてくれた、ありがたいヒズクリーン

2017-09-06T14:32:49+00:00

投稿者A(ヒズクリーン公式ホームページのレビュー欄から抜粋) ヒズクリーンを使ってから夜ぐっすり眠るようになりました。 この商品を使い始めて3年目になりました。 結婚してから初めて迎えた夏に旦那が夜通し痒くてよく眠れないようでした。 睡眠不足のせいで鋭敏になり、苛立ち、食欲もありませんでした。 ちょうどその頃にヒズクリーンに出会いました。 半信半疑で使い始めました。しかし!!!使用開始から1週間くらい経った時に旦那がぐっすり眠り始めたのです! 痒みのせいで掻き過ぎてかさぶたが出来るほどだったのですが、今はきれいになりました。 今はヒズクリーンが減ってくると、不安になるほどです。 本当にオススメ、オススメですよー!! あーっ!ここだけの話、私はやはり生理前後に使用しているのですが、とてもすっきりした感じです。

旦那に熟睡をプレゼントしてくれた、ありがたいヒズクリーン 2017-09-06T14:32:49+00:00

股間湿疹(肛門部位)の頻繁な再発

2017-09-06T14:06:50+00:00

股間湿疹(肛門部位)の再発がもっとも頻繁な理由は何でしょうか? 股間の湿疹はほとんどの場合湿疹でなく水虫の場合が多いのですが、いんきんたむしは角質層に棲息するかび菌によって発病する代表的な慢性皮膚疾患です。 いんきんたむしがもっとも再発が頻繁な理由は完治は難しいが感染はしやすくなる点です。 抗真菌軟膏を使う場合、かび菌は活動を止めて胞子状態に戻り、角質層に隠れてしまいます。 かび菌が死んだと思って治療を中止すると潜伏中のかび菌が再び活動を再開して感染範囲を広めていきます。 抗真菌軟膏を処方する場合、医者たちが普通4週~6週間ぐらい着実に塗ることを薦めるのもこのような理由です。 人の皮膚は4~6週間ぐらいが過ぎれば古くなった細胞を押し出して新しい細胞に変わるので、この時離れて行く皮膚とともにかび菌も外側に押し出されることになるのです。 抗真菌剤によって潜伏したかび菌が宿った皮膚とともに離れて行くまで、根気よく治療をし、清潔さと除湿に気を使うと完治が可能です。 このようにかろうじて完治したといっても水虫菌は他の感染者から貰った皮膚組織、角質から感染することがあるので、他人や自分が使った衣服、タオル、寝具などによっても感染することがあります。 一言で多様な形態の接触によって簡単に感染することがあるということです。 完治の努力が水の泡にならないように再発を防ぐためには一般的に知られている感染予防の規則を徹底的に守るしかありません。 予防のためのルール サウナ、大衆浴湯から出る直前に石鹸できれいに洗うこと。 他の人と履き物、靴下などを共に使わないこと。 汗、湿気が皮膚に長く放置されないようにすること。 風通しが良い服、履き物を着用すること。 履き物は色々な履き物を代わる代わる履いて、日光消毒をたびたび行うこと

股間湿疹(肛門部位)の頻繁な再発 2017-09-06T14:06:50+00:00