いんきんたむしの原因

/Tag:いんきんたむしの原因

水虫菌による皮膚疾患(いんきんたむし)

2017-09-06T16:05:42+00:00

カビ菌の一種である水虫菌は身体部位の中で、湿っぽくて閉鎖したところに感染を引き起こします。もっとも再発になりやすいところは足と股間です。 湿度と温度が高く閉鎖されてるところにもよく発病しますが、頭、体の腕、足、顔などすべてのところに発病します。 部位別に原因となる水虫菌の種類が異なり症状も様々です。症状が酷いところは足と股間部で足の指と手の指は痛みがほとんどありません。 水虫菌の多くは皮膚の角質だけに問題を引き起こし、角質の下には進入しません。しかし、肌の大事な防御癖である角質がひどく損傷し、そのまま放置するとほかの感染菌による2次感染がでます。 多くの感染菌は角質層によって遮断されますが、水虫菌は角質層の酸度によって除去されず、むしろ角質層を溶かします。 しかし、皮膚の中に入るほど、酸度が低くなって、免疫物質が分泌されるため、水虫菌が生きる事ができません。 症状は湿疹と似ているため、湿疹だと誤認しやすく、湿疹軟膏をぬると、かえって悪化してしまいます。 湿疹軟膏は症状を和らげるだけで、水虫菌をなくすことはできません。 むしろ、水虫菌に対抗する炎症反応を抑制することで、水虫菌の活動を放置する結果になります  

水虫菌による皮膚疾患(いんきんたむし) 2017-09-06T16:05:42+00:00

いんきんたむし(頑癬)になりやすい環境

2017-09-06T16:09:57+00:00

欧米ではいんきんたむしをjock itch、足の水虫をathlet’s footという別称で呼ぶ、 このような別称が生まれた頃(1900年代初半)、こういった皮膚疾患が運動選手らにたくさん発生していたが、現在では事務職や運転職等様々な職業群に広がっている。 運動選手に限った皮膚疾患ではないが、なぜ運動選手らが水虫の主要対象になったかということを研究すると、水虫菌の感染原因と対策に対する回答を得るのに役に立つでしょう。 いんきんたむし(頑癬)は高い温度と湿度、5~6ph濃度等が継続的に維持するときに発生し、さらに皮膚の損傷と免疫力低下も主な要因として作用する。 運動選手らが汗と熱を出しながら訓練する時間は、水虫菌の活動に必要な要件を満たしている。激しい動きによる皮膚表面の損傷は、頑癬菌の侵入をしやすくし、過度な訓練によって起きる免疫力の低下や、団体生活による感染経路の拡大も感染比率を高くする。 同じ原因によって、顔に生じる水虫がレスリングや柔道等の選手らに主に発見される。顔に頻繁に発生する皮膚接触が原因である。 運動選手じゃなくても、このような条件を満たす環境だと誰もがいんきんたむし(頑癬)になる可能性がある。しかし、いんきんたむし(頑癬)は一つの要因ではなく、様々な要因が複合的に作用するときに頑癬になるため、その条件を知り、備えることでいんきんたむし(頑癬)を予防し、治療できる。  

いんきんたむし(頑癬)になりやすい環境 2017-09-06T16:09:57+00:00

いんきんたむしの原因2

2017-09-06T13:58:38+00:00

股間部の皮膚疾患の中で最も多く発生するいんきんたむしは皮膚糸状菌(水虫菌)によって発生します。 水虫菌は湿度70%以上、温度20〜30度程度を維持する条件で生息するため、この条件を満たす体の部位は温度と湿度の管理に細心の注意を払う必要があります。このような条件を満たす身体部位のうち、代表的な部分が足と股間部です。人によって肌の特性、皮膚分泌物の違いにより、頭など乾燥して露出された部位に発生することもありますが、ほとんどは足と股間部に集中しています。 股間部は外部に露出することができない部位なので通気性が悪いため、汗がたまりやすいです。特に男性の場合、陰嚢から排出される汗や熱がこのような条件を倍加させるため、女性よりも高い発生率を示しています。

いんきんたむしの原因2 2017-09-06T13:58:38+00:00

いんきんたむしの原因

2017-09-06T13:57:07+00:00

股間の水虫、いんきんたむし(股部頑癬) 水虫菌は他のカビ菌と同じく湿度と温度の高い環境を好むため、身体の特別温度が高くて汗がよく出る部位である陰嚢部位に、よく繁殖します。 温度と湿度が高い部位という理由だけで必ず水虫菌が繁殖するのではなく、そういう状態を長く維持する部位、例えば股座、足の指の間等が水虫になりやすいです。 股間の水虫、いんきんたむし(股部頑癬)を治療、予防するためには専用軟膏と男性用デリケートゾーンソープを使用し、同時にいつも乾燥、涼しい状態を維持する必要があります。

いんきんたむしの原因 2017-09-06T13:57:07+00:00