水虫

/Tag:水虫

足水虫と股間の関係

2017-09-20T10:22:48+00:00

水虫は一度発生したら直りにくい疾患だ。 しかも治療後にも再発しやすい、すごくめんどい疾患である。 水虫は症状が悪化すれば足だけではなく、体中に伝播して問題になりかねない。 水虫は普通には足だけで発生すると思われるが、手と爪、そして股間まで移ることができる。 水虫、もう放置すればいけない疾患だ。   水虫菌である皮膚しんきんるいはカビの種類だ。 暑くて湿気のある天気によく繁殖し、特に夏によく発生する。この皮膚しんきんるいが皮膚の角質層に浸透すれば水虫になる。   水虫は伝染しやすい疾患で、かかっている患者から取られた角質細胞を通して移る。 サウナや銭湯、そしてプールでは特に湿気が多くて水虫菌の活動が活発になる。 また、素足でいる場所なので足の接触による感染がよく発生する。 水虫が足によく発生する理由はそのようである。   足の水虫が股間まで広がり、苦労することは意外と結構あります。 下着を着替えながら足に発生していた水虫菌が下着について感染します。 このようなことがひどくなった場合にはいんのう、でんぶ、大腿部まで広がるので初期の手当てが大切だ。   水虫が発生したときの正しい生活習慣。 ‐ シャワー後には足指の間の水気まですべて除去する。 ‐ 室内では通気性の良い上履きに履くようにする。 ‐ 一週間に一度、こうしんきんさようの効果があるスプレーをかける。 ‐ 靴やスニーカーは内側を完全乾燥した後に着用する。 ‐ 夏場には通風が良くできる靴を履くようにする。 ‐ 靴下はこうしんきんさようのある洗浄剤で洗い流す。

足水虫と股間の関係 2017-09-20T10:22:48+00:00

股間からなぜ悪臭が?

2017-09-06T14:11:38+00:00

皮膚同士が接触している股間は厚い服を着ると、汗と湿気がもっとたまり、湿疹がよく発病します。 代表的な症状では股間と生殖器部位が痒くなって赤くったり、はれたりする事です。 股間の色素沈着がおきたり、または悪臭がしたりします。 主な原因とは足の水虫を発病させる肌糸状菌というカビ菌です。 一度股間に病変ができると、すぐに治らず股間の湿疹が酷くなるとお尻と太ももまで広がります。 股座湿疹は清潔管理、通風が重要です。 股間湿疹は清潔ケア、通風が重要です。 皮膚の重なる部位を涼しくし、きつい服は避けます。 そして、湿っぽい環境を作らないように乾燥した状態を維持します。 シャワー後、股間部位を扇風機やドライヤーで乾かしてください。 ドライヤーを使って股間部を乾燥する事をお勧めします。 また、服を着るとき、足にある水虫菌がズボンにくっついて股間部位に感染される事もあるので足や足の爪に水虫がある場合はお早めに治療したほうがいいです。 我々の体からする体臭は新陳代謝の過程から老廃物が生成されるため、個人個人の固有の体臭があります。 しかし、体から悪臭がし続けると治療が必要です。 股座のにおいだけじゃなく、足のにおいが酷い場合もあります。 足は汗腺が多く、いつも靴などを履いてるため黴菌が繁殖しやすいです。 特に冬には厚い靴を履いてブーツみたいな通風に効かない靴を履くため、さらに酷くなります。 **足ににおいがすると清潔ケアに注意しなければいけません。** 足を洗った後は完全に乾燥させて、靴下はコットンで作られているものを履いて、靴を履き替えたり、洗ったりして一度履いた靴は日光を浴びさせます。ギュウギュウ詰まっている靴棚より通風に効く場所に保管したほうがいいです。 足の水虫のにおいだけじゃなく股間の湿疹を誘発してにおいがするため、特に足を清潔に管理し股間の湿疹にかからないよう、普段から予防をする必要があります。  

股間からなぜ悪臭が? 2017-09-06T14:11:38+00:00

いんきんたむしの原因

2017-09-06T13:57:07+00:00

股間の水虫、いんきんたむし(股部頑癬) 水虫菌は他のカビ菌と同じく湿度と温度の高い環境を好むため、身体の特別温度が高くて汗がよく出る部位である陰嚢部位に、よく繁殖します。 温度と湿度が高い部位という理由だけで必ず水虫菌が繁殖するのではなく、そういう状態を長く維持する部位、例えば股座、足の指の間等が水虫になりやすいです。 股間の水虫、いんきんたむし(股部頑癬)を治療、予防するためには専用軟膏と男性用デリケートゾーンソープを使用し、同時にいつも乾燥、涼しい状態を維持する必要があります。

いんきんたむしの原因 2017-09-06T13:57:07+00:00