足水虫

/Tag:足水虫

足水虫と股間の関係

2017-09-20T10:22:48+00:00

水虫は一度発生したら直りにくい疾患だ。 しかも治療後にも再発しやすい、すごくめんどい疾患である。 水虫は症状が悪化すれば足だけではなく、体中に伝播して問題になりかねない。 水虫は普通には足だけで発生すると思われるが、手と爪、そして股間まで移ることができる。 水虫、もう放置すればいけない疾患だ。   水虫菌である皮膚しんきんるいはカビの種類だ。 暑くて湿気のある天気によく繁殖し、特に夏によく発生する。この皮膚しんきんるいが皮膚の角質層に浸透すれば水虫になる。   水虫は伝染しやすい疾患で、かかっている患者から取られた角質細胞を通して移る。 サウナや銭湯、そしてプールでは特に湿気が多くて水虫菌の活動が活発になる。 また、素足でいる場所なので足の接触による感染がよく発生する。 水虫が足によく発生する理由はそのようである。   足の水虫が股間まで広がり、苦労することは意外と結構あります。 下着を着替えながら足に発生していた水虫菌が下着について感染します。 このようなことがひどくなった場合にはいんのう、でんぶ、大腿部まで広がるので初期の手当てが大切だ。   水虫が発生したときの正しい生活習慣。 ‐ シャワー後には足指の間の水気まですべて除去する。 ‐ 室内では通気性の良い上履きに履くようにする。 ‐ 一週間に一度、こうしんきんさようの効果があるスプレーをかける。 ‐ 靴やスニーカーは内側を完全乾燥した後に着用する。 ‐ 夏場には通風が良くできる靴を履くようにする。 ‐ 靴下はこうしんきんさようのある洗浄剤で洗い流す。

足水虫と股間の関係 2017-09-20T10:22:48+00:00